読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安藤醸造 専務日記

みちのくの小京都秋田・角館で嘉永六年(1853年)より味噌、醤油、漬物を製造販売している醸造元の七代目

立町商店会新年会

昨日は立町商店会の新年会でした。私の店はこの立町商店会に所属しているのですが、定期的な会合、夏祭りや年末の福引事業など結構活動が盛んです。

昔はどこの町でもきっと行われていたことだとは思いますが、大型スーパーやショッピングモールの登場で、商店会活動も厳しいものになっているのじゃないかなと想像できます。

また若手の参加というのもなく、自分が最年少で、この先もそれが続いてしまうかもしれません。お祭りも含めて担い手がいなくなっていくのをひしひしと感じます。

しかし、だまっていても何も始まらないので、自分のやれることをやっていきたいと改めて思う新年会でした。